Cervical treatment

首が痛いと感じたら

首が動かしにくい、または手や肩に痛みやしびれを感じるといった人は頸椎椎間板ヘルニアの疑いがあります。デスクワークやスポーツなど日常生活をきっかけに発症する可能性があります。

骨折してしまったら

高齢者に多く見られる圧迫骨折は、安静にしてギプス固定や装具固定をする必要があります。症状が軽減してきたら退院して日常生活に戻ることが可能ですが、固定は外せません。

高齢者の圧迫骨折

圧迫骨折は、高齢者に多く見られる症状で、頸椎・胸椎・腰椎などの椎体が圧迫されたかのように押しつぶされ、骨折を起こした状態となります。整形外科などで治療を受けることができます。

治療が肝心

転移がんのお悩みは、がんの治療をしっかりおこなっているクリニックへ行きましょう。そのままにしていて解決をすることはありませんよ。

症状がひどくなる前に対策を!頸椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は手術も検討しましょう!このサイトを参考にしてくださいね!

圧迫骨折の治療について

圧迫骨折とは、背骨が潰れてしまった状態の事です。主に、尻もち等で背骨に強い圧迫力が生じる事で起こります。中高年の女性が転倒した際に頻発しますが、スポーツ等の怪我により若い人にも起こりうる骨折です。 圧迫骨折の治療は、保存療法と手術療法がありますが、一般的には保存療法が選択されます。保存療法では、受傷した骨が安定するまで、コルセットやギブスで体を固定します。骨折の程度が重度の場合は、しばらくの間起きる事を制限する事もあります。 保存療法でも痛みが改善しない場合や、神経症状等が起こっている場合は手術療法が選択されます。手術では、潰れた骨の中に骨セメント等の樹脂を注入する椎体形成術等を行います。手術を行った場合、入院期間は長くなる傾向にあります。

骨粗鬆症と関係がある

中高年の圧迫骨折で多いのが、特別外傷の既往がないのに背骨が潰れてしまう非外傷性圧迫骨折のケースです。腰痛に悩まされており、受診をしたら圧迫骨折だったという事も良くある事です。この様な方の多くは、骨自体が脆くなっている骨粗鬆症を併発している事ががほとんどです。この為、骨粗鬆症の治療を行なう事で圧迫骨折になる頻度を減らす事が出来ます。 骨粗鬆症は閉経後の女性に多く見られます。この理由として骨を作るのに役立つ女性ホルモンが年と共に減少してしまう事が原因であると言われています。その為、食事の際にカルシウムを多く取る必要があります。カルシウムの吸収を助けるビタミンDを含む食品も一緒に取る事で更に効果が高まるでしょう。 また、骨は適度な重力をかける事で強度が増すという特徴があります。その為、家で寝ている事が多い人は体を起こし、可能であれば外に出て散歩に出かけると良いでしょう。

TOP